2021年度 熊本暮らし人まつり みずあかり 「春の開催を目指す」ご連絡


熊本城下の秋の風物詩として定着してまいりました熊本暮らし人まつり「みずあかり」は、2004年に「熊本市民みずからの力による地域活性化」という理念のもとに始まりました。

 

さて、これまで「みずあかり」は10月に開催しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大とワクチン接種の進行状況などから、開催を延期し、春の開催に向けて準備をすることにしました。具体的には3月末の開催を検討しております。現在関係各機関と協議しておりますので、詳しい日程等が決まりましたら、再度皆様にご連絡いたします。

 

今回春に「みずあかり」を開催することで、コロナ禍で大きく分断されてしまった人と人との心の距離と絆を再度取り戻し、熊本市民のみならず、すべての暮らし人にとって大きな「希望の光、癒しの光、感謝の光」になるように、努力していきたいと考えております。

 

皆様のご期待に応え続けていけるよう更なる発展を目指して努力してまいりますので、開催可能となった際にはより一層のご支援とご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

末筆ではございますが、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

 

 

 

2021年9月13日

一般社団法人熊本暮らし人まつり

代表理事 石原 靖也

熊本暮らし人まつりみずあかり運営委員会

運営委員長 坂口 裕俊